「SHINOBI」原作らしい、山田風太郎「甲賀忍法帖」を読んだ。

以前に見た映画「忍SHINOBI」の原作、「甲賀忍法帖」by山田風太郎を読み終えた。

内容を簡単に言えば、伊賀と甲賀の忍者同士が徳川家の世継ぎ決定のサイコロのような役目で死闘を繰り広げる話である。

感想をひとことで言うなら、荒唐無稽の忍者達のキャラクターを、よくも考えついたなと感心する、それにつきる。
されど、思わず「そんな奴おらんやろ~」と言いそうになったことが何度ある事やら、まあ一応気休め程度の理論的解説が有っても、いくら理屈的に無いとは言えなくっても、やっぱりそんな奴が居るわけがない。

ところが、そんなことは全く気にならないくらい話の展開が面白い。そしてキャラクターが後の対戦相手の組み合わせなどで、この忍法技はこの対戦の時のために作られたんじゃないか、と気付いた時とかには、よく考えてあるとうならされる。

ともかくも、あっという間に読み終えるというか、読まずにいられない面白さ。サイコー!

"「SHINOBI」原作らしい、山田風太郎「甲賀忍法帖」を読んだ。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント