森村誠一「刺客の花道」

娯楽時代小説?という風に分類すればいいのでしょうかね。
要するに、気楽に読める剣戟物です。

森村誠一氏は「高層の死角」とか「人間の証明」とかの現代物のあれば、この「刺客の花道」のような時代小説も書ける、そうかと思えば「悪魔の飽食」の様なドキュメンタリーも書いているという、割と器用な人の印象です。(この色は既読)

さて刺客とはこの小説の主人公、朽木主膳が悪の手先をやっつけるという所から来てると思ったんですが、よく考えてみれば朽木主膳は用心棒であって逆に刺客に狙われる側でした。
この主膳は、赤穂浪士の討ち入りの際に吉良邸の側の用心棒だったが、肝心の当日に女の家に行ったまま一夜を過ごして物の役に立たなかった恥さらしというオマヌケな設定です。

その後ひょんな事から博打場の用心棒に雇われ、色んな事件に巻き込まれるというお話。
しかも事件の当事者や関係者が、討ち入りに関係のある浅野家家臣がらみとかなんですが、ちょっとこの辺りの因縁が、わざとっぽい偶然だったりするのが玉に瑕と言えようか、別にそこまで関係ある人ばかりに出会わなくてもイイじゃない?と思う部分はありますね。

その点を除けば、対戦相手のバラエティとか戦術や剣法も様々で面白いです。
ちょっと色気不足のような気もしますが、別にそう言う方面を望むならまたそういうのが得意な人のを読めばいいことだし。
森村氏のサービス精神というか、江戸時代のミニ知識的な物もありーの、うんちくもチョロッとだしーのと読んで損はさせませんぜお客さんの一冊。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック